メニューをスキップして本文へリンク
トップページ » 一般の皆様へ » 次世代育成支援対策推進法に基づく行動計画

次世代育成支援対策推進法に基づく行動計画

職員が仕事と子育ての両立を図るため、働きやすい職場環境を整備するとともに、その能力を十分に発揮できるよう、次のように行動計画を策定する。

1.計画期間

令和3年4月1日~令和7年3月31日までの4年間

2.内容

目標1:
パンフレット「仕事と育児の両立を支援する制度のしおり」を作成して職員に配布し、制度の周知を図る。

対策

  • 各年5月 パンフレット「仕事と育児の両立を支援する制度のしおり」の作成及び配布を行う。
目標2:
年次有給休暇の取得日数を、1人当たり平均年間12日以上とする。

対策(令和3年4月1日~)

  • 年次有給休暇管理簿の活用による計画的な年次有給休暇の取得促進を行い、特に取得が少ない職員に対しては、積極的に取得するよう勧奨する。
  • 年次有給休暇を取得しやすい職場環境づくりに取り組む。

ページ終端です