メニューをスキップして本文へリンク
トップページ » 情報セキュリティポリシーについて

情報セキュリティポリシーについて

連合会における情報セキュリティポリシーの取扱いについて公表しております。

岩手県国民健康保険団体連合会情報セキュリティポリシーについて

岩手県国民健康保険団体連合会(以下「本会」という。)では、会員である保険者の共同目的達成のため、保険者事務の共同処理、診療報酬の審査支払、保健事業、介護給付費の審査支払及び各種共同事業を実施しております。
これらの事業を実施するにあたり、本会では情報セキュリティポリシー(本会情報セキュリティ基本方針及び本会情報セキュリティ対策基準をいう。)を定め、情報資産の適切な管理に努めるとともに、関係機関及び社会の要請並びに法令等の変更に対応するため、情報セキュリティポリシーを定期的に見直し、必要に応じて改善を行ってまいります。

適用範囲

情報セキュリティポリシーの適用範囲は、本会が保有する全ての情報資産とし、対象者は本会に勤務する全ての役員及び職員等(以下「役職員等」という。)といたします。

情報セキュリティポリシーの考え方

  1. 本会は、事業運営上取り扱う全ての情報資産に対して管理責任を明確にし、その重要度に応じた管理を行います。
  2. 本会は、情報がその目的に沿って適切に使用されるよう、業務上必要と認められる正当な情報の利用のみを許可します。
  3. 本会は、情報の利用及び保管に関して、その内容が正確及び完全であるように努めます。
  4. 本会は、利用権限に応じて、情報が必要な時に利用できるように努めます。
  5. 本会の役職員等は、情報セキュリティポリシーを遵守するとともに、情報セキュリティに関する意識の向上に努めます。
  6. 本会の役職員等が情報セキュリティポリシーに違反した場合には、関係規則等に基づき、必要な措置を講じます。

平成22年4月
岩手県国民健康保険団体連合会

国保会館
ハピルスくんの情報コーナー
岩手の保健

ページ終端です